« May 2004 | Main | July 2004 »

Jun 28, 2004

六本木にバイク専用駐車場

以前、六本木ヒルズに駐車場が全然無いという記事を書きましたが、この6月になんと全120台という収容規模のバイク専用駐車場がオープンしたそうです。もっとも、そのうち半分は月極らしいので、フリーで六本木を訪れた人が利用できるのは60台分のようですが・・・
1時間あたり100円、1日でも最大500円とのことなので、そのうち利用してみたいと思います。

この調子で、あちこちに専用駐車場が増えることを期待しますが、この駐車場の運営母体(?)の財団法人「東京都道路整備保全公社」のHP見ても、どこにもこの駐車場のことが記載されていないところにいまいちやる気の無さというか、そういったものが感じられてしまうのが残念です・・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jun 27, 2004

6ヶ月点検

に出してきました。もう半年経っちゃってたのですね。早いものです。
もっとも、そのうち約2ヶ月間は入院してた訳ですが(^_^;)
それにしても、一番いい季節に乗れなかったのはイタイですね。なんてったって、未だに2000km走ってないのですから…(T_T)
夏は暑さ(熱さ)我慢して一所懸命走ろうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2004

暑い!熱い!

今日は日差しがカンカンと照りつけた訳じゃないですが、とっても暑かったです。
午後3時くらいから、ぷら~っと川崎・新宿・秋葉原を巡ってきたのですが、第一京浜、環七、甲州街道とどこもひどい渋滞で、すり抜けすり抜け走っても全然スピードも上がらず、油温計はMAX166度まで上がってました。特に左もも下あたりから立ち上る熱気はすさまじく、これで直射日光が照りつけていたら干上がってしまいます(-_-)
帰宅してからも、30分以上放置してもまだクラッチカバーとか触れないくらい熱くてカバーが掛けられません。
んーーー、こんな調子で真夏になっちゃったらどうなっちゃうんでしょうね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2004

暑い!つか、蒸す!

ようやく帰ってきました。つっても、日曜発木曜着だから短い出張だったわけですが。
なんか、日本は熱帯地域かと思う蒸し暑さですねー。といったら、実は昨日の方がもっとすごかったとか。SanJoseはとてもからっとした気候で、日差しそのものは相当な暑さなのですが、空気はむしろひんやり。昼間の車内は冷房無しではいられませんが、逆に夜は暖房を付けるという始末。年間を通じてほとんど雨も降らないみたいだし、真冬も雪は降らないし、バイク乗りには最高の気候です。
高速道路を走っていると、時折バイクを見かけますが、日本に比べると全然少ないです。もったいねーー

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 23, 2004

From San Jose

San Joseは夜中の1時40分~
Webブラウザ上から、いつでもどこでも更新できるのがブログの良いところなのに、今回の出張中にはたいしたトピックスもなく、明日には帰国となってしまいました。(^_^;)
帰りの空港でバイク雑誌でも物色してこようと思います。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 20, 2004

出張


今日から出張。せっかく梅雨時にもかかわらず晴れた週末だというのに、ムルチに乗れなくて悲しい(T_T)
040620162428.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15000HIT

4月26日に1万HITをカウントして以来、2ヶ月弱で15000に到達しました。
月平均で2500強、一日平均100件弱のアクセスがあったってことでしょうか。なかなか毎日更新ができないのですが、そんなサイトでも日々訪れてくださっている皆様に大感謝です。<(_ _)>
これからも可能な限り頻繁(最低でも週2回)な更新を心がけて行きたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トップケースの容量

久々の記事は、たまには実用的なものを。
BMWにでも乗らない限り、なかなかメーカー純正トップケースなんてないでしょうから、トップケースを装着すると言えばイコール、サードパーティのものを装着することになり、なかなかその実際の大きさや容積はわかりません。
かくいう自分も、3月のディーラーのイベントの時にすでに購入して装着済みの方の実物を見てようやく購入を決意したクチです。
というわけで今回はこのヘプコ&ベッカー ジャーニーTC42がどのくらいの容積なのかがわかりやすい写真を撮ってみました。
TC02.jpg
写真を見てわかるとおり、フルフェイスのヘルメット(アライTourCross)を立てて入れてなお余裕があります。もちろん、この状態でフタを閉められます。具体的に何センチとは計っていませんが、写真から下半分、上半分の深さを想像してみてください。また、ヘルメット脇のスペースはメッシュジャケットくらいなら余裕で入りますから、出先であたかもバイクに乗ってきてないかのように振る舞うことすら可能です。
ヒンジ部分にはポケットがついており、簡単な工具などをここに納めておけばいろいろ便利そうです。
また、写真にははっきり写っていませんが、下半分のボックスにはX字上のゴムバンドが装備されており、走行中に荷物が暴れないよう押さえておくこともできます。

というわけで、見た目が少々かっこ悪くなっても、バイクの取り回し性が多少悪くなっても、トップケース生活はやめられません(^_^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 13, 2004

マフラーガードの写真

CMcomposite.jpg
入手してから2ヶ月以上経ちますが、ようやくCMコンポジット製マフラーガード装着状態の写真のアップです。

真横から撮った写真があまりいいのがないので、全身像の写真はお預けですが、標準状態に比べてタイミングベルトカバーとマフラーガードがカーボンパーツ化されて全体的にブラックで引き締まった感じになり、曲線使いで実は可愛らしいデザインだったクラッチカバーもシャープなシェイプとクロームメッキの輝きで良いアクセントになっていると自画自賛&大満足です(^_^)
しょっぱい走りしかできない割に、見た目ばっかりこだわってきた外装の手入れですが、ムルチ入手半年にして一応の完成を見たと思っています。次はバイクに見合った走りができるよう、ライダー自身の性能向上ができたらなぁと思います。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

Jun 09, 2004

クラッチカバーも交換

Ccover.jpg
修理完了の時の写真に写ってはいたのですが、小さくてよくわからなかったクラッチカバーの写真です。
今回の事故の前にオーダーをかけていたのですが、事故修理の際に一緒に装着してもらいました。クロームメッキでぴっかぴかのクラッチカバーです。
ドカのクラッチカバーというと、乾式であるがゆえのオープンタイプが主流で、あの独特のジャラジャラ音がかっこいいと言えばかっこいいのですが、威嚇的な音を発して喜ぶような歳でもないので、むしろ見た目重視で決めました。
当初は元々ついてるムルチ専用クラッチカバーをメッキ加工してくれるところに出そうかと思っていたのですが、純正部品にクロームメッキタイプがあるのがわかり、形状的にもオリジナルの丸っこいデザインよりシャープなイメージが気に入ったのでこれにしました。
現在はすぐ下に見えているマフラーガードもカーボンパーツ化してあるので、こちらの写真も近々撮って載せたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 07, 2004

トップケースの装着について

昨日・一昨日と、トップケースを装着したこととその簡単な使用感をレポートしましたが、本日は装着作業についてです(順番が逆な気もしますが、気にしない(^_^;))
べるさんのホームページでも、この、ヘプコ&ベッカーのトップケースの装着についてレポートがありますが、とにかくキャリアが取り付けにくかったです。べるさんは穴を拡張する加工をして装着したそうですが、自分は力業でつけてしまいました(^_^;)
リヤシート下に来る、4本のボルトが異様に締めにくいというのが取り付けにくい理由なのですが、確かに、八の字状に並ぶネジのうち下側2本はキャリアの穴とバイクのフレームの穴が一直線に並びません。とはいえ、元々ついていたグラブバーを外す際も、この2本はかなり固く、手で回せる程度まで緩くなるのはほとんどネジがはずれる直前だったので、本来その程度の加工精度なんだと思います。
というわけで、その固くて緩めにくく締めにくい2本のネジを最初に手で半分くらいまでねじ込める位置関係を探り、その後残りの2本を締めるという作業手順にしたところ、上2本はスムーズに締めることができました。また、下2本も非常に固いものの、ラチェットレンチでカキカキ締めていけば最後までネジ締めできてしまいました。レンチでの締め付けなので相当な力で回しているのは事実なのですが、必死に力を入れなくても最後まで締まったと言うことはボルトそのものをねじ曲げてしまっているわけでもないのでしょうから良しとしました。

以上、文章だけではちょっと分かりにくいと思いますが、結論から言うとヘプコ&ベッカーのトップケースキャリア(ムルティストラーダ用)はとっても装着しにくいけれど、加工無しでもなんとかならない訳でもない、ということでした。
装着後の走行距離はまだまだ短いので、当面この状態で走って、問題ないか様子見ようと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 06, 2004

トップケースの使い勝手

topcase.jpg
昨日の写真ではわかりづらかったので、トップケース部分を中心に撮った写真を掲載します。
以前のF650GS純正トップケースに比べると、容積が大きいのでいろいろ積めそうなのは良いのですが、バイク自身のおしりの位置が高いため、物の出し入れは背の低い自分には結構大変です。
トップケースを装着した状態での乗り心地は、ろくに荷物を入れず街中を走る程度なら全く違和感無いです。むしろ気になったのは駐停車中の車両の取り回しで、これまではセンスタをおろすときや駐車場内での車両の取り回し時にリヤのグラブバーをつかんでいたのですが、これが無くなってしまったのでかなり取り回しが不便になってしまいました。
ヘプコ&ベッカーのトップケースマウンタはふつうのリヤキャリアのような形状をしているので、トップケースさえ装着していなければ、これまで通りバーをつかんでの取り回しもできそうですが、いちいちその度にケースを外すのも馬鹿馬鹿しいので、慣れるしか無いのでしょうが・・・このような点に関してはやはりBMWに一日の長があるというか、よく考えられた物作りがされていたなぁと思います。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Jun 05, 2004

トップケース装着

4月後半に届いたトップケースをようやく装着。040605113455.jpg
パソコンの画面で見ると、スクリーンの部分が光っちゃってるし、トップケースの部分は背景の暗いところと重なっちゃってるしで、良くわかりませんね(^_^;)
ちゃんとしたカメラで撮り直して別途アップします~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 01, 2004

超高級品

040601002228.jpg
ニッパーみたいですが、爪切りです。
諏訪田製作所というところの製品で、スーパーミラーというタイプのものなのですが、なんと!12,600円もするのです(^_^;)
10年使って年間1,260円、40年使っても爪切りに年平均300円以上の投資と言うことになります。コンビニや薬局で買う爪切りにしたら、40年間毎年買い換えに相当しますね。つーわけで、死ぬまで使い続けます(笑)
あ。ちなみに、使い心地ですが、死ぬまで使う気になるものです。切れ味落ちたら刃研ぎもしてくれるそうです。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »