« October 2004 | Main | December 2004 »

Nov 30, 2004

祝!高速道路二人乗り解禁

共同通信の記事によると、政府が高速道路の二人乗り解禁を来年4月1日と正式に決定したそうです。
解禁を待ち望んでいたタンデマーの皆さん、おめでとうございます!

しかし、今回発表の解禁日確定で全ての問題が解決したわけではないです。記事中の文章では、

路肩が狭く交通量が多い首都高速道路などでは、2人乗りの禁止を求める意見も出ており、東京都公安委員会などが検討を続けている。

とあります。例の、危険と認められる高速道路については各都道府県公安委員の判断で二人乗りを禁止できるという話です。
それにしても、「2人乗りの禁止を求める意見」というのは、一体どこから出ているのでしょうか?まさかバイク乗りからこの様な意見が出るわけはないでしょう。出所をはっきりして欲しいものです。
また、「路肩が狭く交通量が多い」ことが首都高速を危険な道路たらしめているのであれば、その危険性は首都高上を走る車全てに言えることで、これを首都高速道路公団と東京都公安委員が認めるのであればその認識及び対策活動を、インフラ整備と制限速度遵守の徹底に向けて欲しいものです。

先日、僕は東名高速の80キロ制限の区間をメーター読みで130km/hほどで走行して捕まってしまいましたが、首都高速は原則的に全線制限速度60kmにもかかわらず、場所によっては120km/h以上を当たり前のようにみんなが出しているようなところもあります。これはどちらが、より積極的に取り締まるべき速度違反なのでしょうか?
また、首都高では上記のような状況でありながら間違いなく全ての車両が車間距離不保持違反を犯している状態です。首都高速に秘められた(というほど秘められて無くて、あからさまな)危険性に対して不感症・無関心な四輪ドライバーをのさばらしておくことは罪ではないのでしょうか?

東京都公安委員がどうしても、絶対に、首都高のバイク2人乗りは危険なので許可できない!とした場合、その理由として「首都高速は危険な道路である」と明確に宣言されなければならないと思うし、もしそうであるならばその状態は可及的速やかに解消されなければならないとも思います。結果としてバイクもクルマも、一人乗りも二人乗りもみんなが安全に走れる道路が実現すればと期待してやみません。

| | Comments (72) | TrackBack (1)

清水寺ライトアップ

もう、一週間も前のことになってしまいますが、京都へ行ったのは清水寺のライトアップが見たかったからでした。
らすさんには距離感喪失気味と言われてしまいましたが(^_^;)、東京から一宮まで走ること考えたら、高速90%で2時間の道程はすぐそこ感覚です(笑)。
で、清水寺ライトアップの写真ですが・・・
kiyomizu
こんな感じで。残念ながら清水の舞台を見下ろす場所は通常とは違いほとんど立ち止まることができず、三脚を立てることもできなかった(持っていってなかったですが(^_^;))ため、一般的に見慣れた清水寺の風景写真とはいきませんでしたが、ライトアップされた紅葉を一番キレイにとれた写真をアップしておきます。夏のひまわりと同じく、リンク先はXGA(1024x768)の画像となっていますので、よろしければ、デスクトップ画像にでもどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Nov 24, 2004

青切符

今回の飛び石連休は、月曜日に休みを入れて4連休にし、実家へバイクで帰省してました。
で、今日、東名を使って東京へ戻る途中、やってしまいました。27kmオーバー。
80km/h制限のところ、メーター読みでは免停速度だったので、捕まったことを不幸と嘆くべきか、温情をかけてもらったことをラッキーと喜ぶべきか・・・(-_-;)
過去2年以内に違反がないので、3ヶ月間無違反で今回の違反点数は消えるそうですが、こういうときに限って、これまで一度もやったことのないバイクの駐禁とか取られそうで恐い・・・
これから真冬に向かって例年以上にバイクの出動回数減りそうです(^_^;)

| | Comments (102) | TrackBack (0)

Nov 22, 2004

晩御飯

角度90度曲がってるし、画面はみ出まくってるけど、今夜の晩御飯。清水寺の前で食べた湯豆腐セット1580円也
041122180854.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

平安神宮

真正面の交差点で、信号待ちの最中に撮影(^_^;)
041122172740.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀閣寺

春の金閣寺に続いて、秋は銀閣寺にきました。
041122154150.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 20, 2004

浜名湖

風景はSサイズで撮るもんじゃないですね…
041120201349.jpg

| | Comments (7) | TrackBack (0)

首都高アンケート

小林ゆきさんのサイトで知ったのですが、首都高速道路公団がアンケートの実施をしています。
かなり長いアンケートなのですが、いろいろと意見を言う良い機会なので、早速回答してきました。首都高速に物申したい方は、試してみてはいかがでしょうか?

今回のアンケートの目的は、質問の内容からして、民営化に向けて現状のCS(Customer Satisfaction)の度合いおよび期待値を測定することと思われます。
これまでにも何度か書いている気がしますが、お役所仕事というのはNTTを見てもわかるとおり、ただ民営化しただけではなく、競合が現れない限り絶対に改善されません。そして、電話回線と違って道路は同等のサービスを提供する競合は絶対に現れないので、ユーザーが常に声を上げ続けるほかはないと思います。
そうした意味からは、今回のように自主的にユーザーの意見を聞こうという姿勢と機会は逃しては成らないものだと思います。

日本道路公団に関して言えば、中央道と東名と第二東名を別事業者にすれば、この3者間で競合が起き、通行料引き下げやサービス向上が期待できるのですがねぇ・・・

| | Comments (80) | TrackBack (0)

Nov 16, 2004

HALO 2

っつっても、もちろんゲームのことじゃありません(笑)
前回書いたハロに関する記事で、夜道でのハロは多少気になるものの、大したことはないと書きましたが、訂正です。

やっぱり結構気になります。

日曜日は夕方に少し走ったわけですが、すっかり日が落ちてから第一京浜を走っていました。すると、片道2~3車線の道路いっぱいに車がみっちり走っている状態では前方の視界全体がぶわーっと輝いて見えてかなりの違和感を感じました。
まあ、このせいで怖くて走れないというわけでもないし、手術後数ヶ月で感じなくなる(現象がいつまでも残る人もいるみたいですが)らしいので、この件についても、まだまだこれからの様子見ですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Nov 14, 2004

冬がはじまるよ

別に槇原 敬之ファンって訳でもないのですが。
最近、せっかく土日が晴れてるのに、昼過ぎまで寝ててほとんどバイクに乗ってませんでした。が、さすがにコリャまずいと思い、今日は夕方にほんのちょっと走ってみたのですが、ずいぶんと冷えるようになりましたねー。つっても、真夏用のメッシュグローブをはめてたから、というのもありますが。

そろそろ、冬用装備を出さないといけませんね。ジャケットは今年は新調したいなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2004

OAKLY LIMITED EDITION

視力が回復して好きなサングラスが自由に使えるようになったのと、LASIKは術後強い日差しをまぶしく感じるようになるらしいという噂(自分はそれほど感じないのですけどね)から、イチローが使っていて有名なOAKLY JULIETのDUCATIモデルを購入。
041113043853.jpg

可視光線透過率が低いため、最近の日差しではここまでのものは必要ないかもしれませんが、こういうシグネチャモデルを持てるのもオーナーならではということで(^_^)
しかし、ひとつ重大な欠点がありました。このJULIET、テンプルがストレートタイプなので、ヘルメットをかぶってからの装着にちょうど良いかと思っていたのですが、顔のカーブにぴったりフィットするデザイン故に、テンプルが大きく弧を描いており、真上から見ると楕円形に近い形になっています。このため、テンプル後端部の間隔はわずかに10cm程度で、顔の真正面からはとても装着できません。顔の小さなガイジンさんなら大丈夫なのかもしれませんが、こちとら頭のデカイ日本人なので、こめかみに突き刺さってしまってどうにも無理でした。
というわけで、たとえ来年の夏が来てもフルフェイスのヘルメットを被っている限り、これを装着して走ることは未来永劫かなわぬ夢なのでした・・・(T_T)トホホ

| | Comments (82) | TrackBack (0)

Nov 12, 2004

続・バイク用駐車場問題

10月31日のエントリでレポートしたJR大崎駅周辺のバイク用駐輪場ですが、記事の最後に書いたとおり、NMCAにメールで情報を送りました。
メールでは詳しい内容は本サイトを見てください、ちょっときついことも書いていますが・・・と報告したのですが、今日久しぶりに『バイク駐車場案内』のページを見てみところ、なんとバッチリ僕のレポートした2箇所の駐車場がリストアップされていました!!
キレイな地図と、ちゃんとした取材がされてわかりやすい案内になっていると思います。が、残念なのは(これはもちろんNMCAに対する苦言ではないのですが)どちらも当日利用が平日はほぼ満車ということですね。

使わなければ増えない、認知度が上がれば使えない、というジレンマはあるのですが、バイク用駐車場は現状では事実上皆無に近い状態ですから、今はひたすらバイク乗りが有料で構わない(というか、当然有料であるべき?)ので二輪専用駐車場を欲していることをアピールする時期ではないかと思います。

NMCAのサイトは「東京・公営」バイク駐車場案内となっていますが、今後、公営・私営を問わずバイク用駐車場を発見したらここで報告していきたいと思います。
#問題は新たな発見をできるような場所へ自分がどれほど行けるか、だな・・・(^_^;)

| | Comments (71) | TrackBack (0)

Nov 10, 2004

邪道?

ふと、不安にかられたのですが、↓の記事のように写真を貼りまくるエントリって、Blogとして邪道?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 09, 2004

アジャスター交換

10月中に手に入れていたパーツを入手後約1ヵ月後にしてようやくつけました。
ブレーキレバー、クラッチレバーのアジャスターです。
here.jpg

レバーを握るのと反対側に押しながらダイヤルを回して4段階に調節ができるものですが、なぜだかわかりませんが右側のダイヤルだけが真っ赤にさびてしまっていました。
こんな感じ。
before.jpg

で、交換後はこんな感じになりました。写真ではちょっとわかりにくいですが、ダイヤルの中心部分にドゥカティの現シンボルマーク、ダイナミックDがレリーフされているのがちょっと嬉しい仕様です(^_^)
after.jpg

このレバーアジャスター、ダイヤルの下に伸びている心棒が偏心した角柱になっていて、レバーの根元部分で心棒を噛む距離が変わることによってグリップとレバーの間隔を調節できる仕組みになっているのですが、アクセル用とクラッチ用で角柱部分の大きさが違っていて、クラッチの方が調整幅が大きくとられているようです。
difference.jpg
右の、心棒の端っこにCの刻印がある方がクラッチ用アジャスターです。角柱部分を赤線で囲ってみました。
今回手に入れたアジャスターは両方ともアクセル用でもともと装着されていたアジャスターとはアジャスト幅が異なるのですが、もともと調節していた幅とほとんど同じところに落ち着かすことができたので良しとしときます。めちゃめちゃ些細な点を指摘しておくと、あくまでも右レバー用のアジャスターのため、左レバーに装着したときアジャスターの目盛りとレバーについている三角マークの位置が一致しないんですが、一度合わせてしまったら基本的に二度といじらない部分なので気にしてません(^_^)

走りの性能にはまったく影響しない部品の交換ですが、Dマーク付のアジャスターになってオーナー心はかなり満足です。
それにしても、どうして右側だけあんなに錆び錆びになっちゃたんだろう・・・センスタ用グリップのピンも錆びまくってるから、今度錆び落としと錆び防止やっとかなきゃな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2004

35000HIT突破

こんなに早く達成すると思っていなかったので気づかなかったのですが、昨日35000HITを突破していました。
前回の記事でキリ番報告はやめると書きましたが、今回だけ特別ということで。

前回は1ヶ月強の期間で5000HITしていたのですが、今回はこのWeblog開設以来初の1ヶ月未満での5000HIT達成でした。
ブックマークまでしてきてくださってる方々には本当に感謝・感謝です。が、今回の短期間での閲覧数アップには裏事情があって、その辺はちょっと手放しで喜べないところです・・・

この『ムルチな生活』は、無料のベーシックではなく、プラスで運営しているため、アクセス解析が使えるようになっているのですが、ここ1ヶ月ほどの検索キーワードはF430とかFerrariが圧倒的に多く、結果としてこの記事へのアクセス数が個別記事としては上位に入ってきています。個人的にフェラーリという自動車メーカーもそのプロダクツも大好きだし、記事にも書いたとおりDUCATIとはイタリアつながりでいいかなと思って書いた記事ですが、サイトの本題とは別の部分で注目されるのもなんだかなぁ・・・という気持ちです。
まあ、だからといっていきなり1日数千とかになっちゃったわけでもないので、悩むほどのことでもないし、一時的とはいえ「F430」なんて単純なキーワードでYahoo検索したときに個人サイトとしては一番上位に表示されるというのは名誉なことかとも思います(笑)

カウンター、コメント、トラバはBlog更新の強力な推進剤なので今後ともよろしくお願いいたします(^_^)

| | Comments (60) | TrackBack (0)

Nov 03, 2004

レイアウト変更

ココフラッシュを追加したため、ただでさえ長かったサイドバーがずいぶんと伸びてしまったので、両サイドバータイプにレイアウトを変更してみました。
そのうち、デザインもオリジナルに変えたいなぁ・・・

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Nov 02, 2004

HALO

ヘイローといっても、ゲームの話じゃありません。
人体改造手術のコメントで自分で書いていた、LASIK手術の副作用(?)のことで、一般的にはハロと呼ばれる現象のことです。英語での発音はヘイロー、後光とかそんな意味です。ちなみにガ○ダムのアレのつづりはRだそうです。

さて、本題のハロですが、どんな風になるのかというとその名のとおり後光がさして見える・・・と文字ではわかりにくいので、適当に絵を作ってみました。
通常
01.jpg
ハロ
02.jpg
かなり極端なのですが、イメージとしてはこんな感じでしょうか。暗闇の中に輝く光源のまわりに広く光のにじみのようなものが見える状態です。
このような状態になる原因は、レーザーを照射した範囲を上回って瞳孔が開くと起きるといわれており、手術後時間の経過とともに低減するようですが個人差はあるようです。
確かに、このように見える条件はいろいろあるようですが、個人的には
・自分のいる場所が暗い(瞳孔の開度が大きい)
・光源の背景が暗い
この二つの条件が重なるときが一番はっきりとハロを認識します。具体的には夜の信号機などは実際の点灯部分の3倍くらいの直径の光の笠を感じます。ただし、光が拡散して見えるとその背後がまったく見えないのかというとそんなわけではないので慣れてしまえばたいした問題ではないかもしれません。天体観測など、闇夜の光を見ることそのものが目的という人には大問題かもしれませんが・・・
また、自動車のテールランプなどはどうかというと、確かに回りににじんで見えるものの、背後に車のボディがあるためすごく気になるというほどのものではないです。同様に、中空に浮かぶ街灯はハロがはっきり見えますが建物の壁に設置された電灯はもともと壁に反射する光と重なるためハロが明確には気にならないです。

ハロ以外にも、LASIK手術の副作用としては、常にまぶしく感じるとかドライアイになるというものがありますがどれも個人差はあるようです。僕個人としてはドライアイはけっこう強く感じ、特に仕事中は目薬が欠かせない状態ですがまぶしさに関してはあまり気にならないといったところです。

先日少々早かったのですが1ヶ月検診も済ませてきたのですが、医者の話では完全に安定するまでは3~6ヶ月はかかるので、多少のことは気にしすぎないほうがいいと言われました。実際、左目の視力変動は相変わらずあるのですが、見えるときは見えてるわけなのでとりあえずジタバタしないことにしました(^_^;)メガネやコンタクトを使っていたことを思えば快適なことには変わりないわけですしね。

これからも随時、術後経過については書いていきますが、質問等あればわかる範囲で回答もしたいと思います。

| | Comments (60) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »